セントジェームスのカットソーの破れをダーニングでお直し

セントジェームスのカットソーの破れをダーニングでお直し

季節が春めいてくると着たくなるセントジェームスのカットソー。久しぶりに引っ張り出したところ、スリット部分が切れかかってる…。そんなセントジェームスナヴァルの破れをダーニングにてお直ししました。ダーニングのビフォーアフターやポイントなどについてご紹介します。

セントジェームスのお直し|ビフォーアフター

▲修理前の姿です。スリット部分が破れて穴があいています。

▲修理後はこんな感じになりました。これで破れを気にせずしばらく着れそうです。

セントジェームスをダーニングでお直し|やり方を解説

続いてはダーニングのやり方について解説していきたいと思います。

糸を選ぶ

まずはダーニングの糸選び。なんとなくシックな感じでお直ししたかったので、グレーを選びました。使ったのはクローバーのダーニング糸です。

(クローバーのダーニング糸については下記ブログにてご紹介しています)

横糸を通す

つづいては横糸を通していきます。なるべく等間隔になるように気を付けると仕上がりがキレイになります。まあ雑な感じもカワイイのがダーニングの良さなので、そこまで神経質になる必要はありません。

縦糸を通す

▲続いては縦糸を通していきます。横糸と互い違いになるように上・下・上・下と進んでいきます。

▲端っこまで到着したら、ちょっとだけ布をすくいます。

▲向きを変えて、横糸と上・下・上・下と繰り返します。

なお、使っている針はクローバーのクロスステッチ針。先がとがっていないので、横糸にひっかかることがないので作業がはかどります。

本格的にダーニングをやってみたいという方にはおすすめのアイテムです。

8往復くらいしました。端の糸はダーニング部分の下を通して見えなくしています。

▲今回はスリット部分の修理ということで、スリットが開かないように余った糸で補強して完成です。ダーニング前にやっとけばよかったなと後になって思いました。

なお、ダーニングマッシュルームの代用品については下記でご紹介しているので、これからダーニングを始めてみたいという方はぜひチェックしてみてください。家にあるモノで代用できるかもしれません。

お気に入りを長く着る

以上、セントジェームスのカットソー(ナヴァル)の破れをお直しした話でした。お直しすると愛用の服が長く着れますし、それまで以上に愛着がわきます。まだ着れそうだけどちょっとヤバい…というセントジェームスをお持ちの方はぜひトライしてみてください。

ダーニングカテゴリの最新記事