【実録】観葉植物のコバエ対策・駆除は「ムシクリン コバエ用スプレー」が超おすすめ

【実録】観葉植物のコバエ対策・駆除は「ムシクリン コバエ用スプレー」が超おすすめ

ベランダの鉢植えに突如やってきたコバエたち…。網戸にしていても部屋に侵入してくることがあり、不愉快この上ない状態になってしまいました。対策として「コバエがホイホイ」などいろいろ試してみた結果、鉢植えのコバエ(キノコバエ)には「ムシクリン コバエ用スプレー」が効果的です。詳細についてはブログ内でご紹介しているので、気になった方はチェックしてみてください。手っ取り早く鉢植えのコバエ対策がしたい方は「ムシクリン コバエ用スプレー」を試すことをおすすめします。ただし、野菜やハーブには使えないようなので、その点だけはご注意ください。

ある日ヤツらがやってきた…

ゴールデンウイークを過ぎ、だんだんと暖かくなってきた5月の終盤。いつものように作業机に向かい、仕事をしていた時のことです。

モニターの前を小さな虫が横切りました。慌ててパチリとするとコバエ。

しばらく作業をしているとまた何かが目の前を横切ります。パチリとするはずが空振り。どこかへ飛んでいってしまいました。しばらくするとまた視界を横切り…。これでは仕事に集中できない!!

最初の1匹は「あぁ、どこからか紛れ込んでしまったんだなぁ」くらいにしか思わなかったのですが、たてつづけに2匹目が来たということは近所(おそらくは植物の多い我が家のベランダ)で大量発生している可能性が大です。

ということで、ベランダを調査しにゆくと…。

うぉっっっ!なんじゃこりゃー!!!!!

オリーブの鉢植えを楽しそうに飛び回るコバエたち…。

何かの拍子に大量発生したようです。

コレを何とかしないと、コバエたちは増えていくばかり。これから梅雨時期を迎えるにあたり、ますます増殖することが想像できます。蚊取り線香を設置してみましたが効果なし。蚊取り線香はコバエには効かないようです。

殺虫殺菌剤 ベニカマイルドスプレーはコバエには効かず

蚊取り線香は効果が無いようなので、手元にあった住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカマイルドスプレーをかけてみることに。ベランダで育てているホップのハダニ対策に持っていたものです。

効能に「コバエ」という項目はないものの、まあ殺虫剤だしという軽い気持ちでスプレーします。

「おっ効いてる!?」

薬剤におぼれたコバエは動きを止めました。けれど、元気に飛び回っているコバエたちもまだまだいます。飛んでいるコバエには薬剤が付着しにくいのかもしれません。

そこでしばらく間隔を置いて再び散布。

飛び回るコバエたちは見当たらなくなってきました。

とはいえ、突如として現れるコバエもまだまだいたので、見つけしだい散布。

ハダニ達は完全に動きを止めて、「沈黙の春(レイチェル・カーソン)」を確信(読んだことがある人はわかると思いますが、良い表現ではありません)。ところが薬剤の水分が乾いたら再び元気に飛び回りはじめました…。上の写真のコバエもいなくなっていたので、乾いて復活したのでしょう。

なお、「殺虫殺菌剤 ベニカマイルドスプレー」の殺虫成分に問題があるワケではありません。ハダニ対策としては非常に役立ってます。鉢植えのコバエには効果が無かった(そもそも効能として書いてない)というだけです。

鉢植えのコバエは「コバエがホイホイ」も効果なし

殺虫殺菌剤 ベニカマイルドスプレーでも退治できなかった鉢植えのコバエたち。ならばアース製薬の「コバエがホイホイ」で一網打尽にしてやろうと設置してみたのですが、全然入ってくれない…。3日間かけて、捕獲できたのは2匹だけ。

どうやら「コバエがホイホイ」は生ごみに発生しがちな「ショウジョウバエ類・ノミバエ類」に特化した製品とのこと。鉢植えに発生しがちな「キノコバエ」はお好みではないようです。

ちなみに、コバエの種類と見分け方、そして効果的な製品がアース製薬のHPにまとめられています。そしてキノコバエには効果がないこともしっかりと明記。これをチェックしてから購入すべきでした…。

鉢植え用コバエ対策「ムシクリン コバエ用スプレー」で一網打尽

このままではらちがあかないので、鉢植えのコバエ対策を謳っているイカリ消毒の「ムシクリン コバエ用スプレー」を購入してみました。素材は天然除虫菊エキス。室内でも使えるということで、人やペットに比較的やさしいと思われる製品です。

土に向けて散布せよという指示にしたがいスプレーしてみたところてきめんに効果がありました。断末魔に苦しむキノコバエたち。パタパタとダウンし、乾燥しても復活はせず。いよいよ「沈黙の春(レイチェル・カーソン)」が訪れました。

イヤなにおいとかは特にありません。かなり使いやすく感じました。

なお、コバエは土の中に卵を産み付けているはずなので、数日したら復活するはず。2日に1回ほどの散布を繰り返していれば、しっかりと駆除できるようです。

なお、ムシクリン コバエ用スプレーはお野菜やハーブには使えないということなので、野菜のプランターには粘着タイプのコバエ対策グッズをご利用ください。

根本的なコバエ対策も忘れずに

コバエが発生したオリーブの鉢植えをよく見てみると。草の根っこのようなモノがちらほらと。オリーブの根っこではありません。

最近「子供がベランダでスコップを持って遊んでいたこと」、「去年バジルを育てた鉢植えの土が無くなっていたこと」を考えると、子供がバジル跡地の土をオリーブの鉢植えに移したようです。それを餌や寝床にしてコバエが発生したのでしょう。これ以上コバエを発生させないために、きっちり取り除いておきました。

これでコバエが発生しにくい状態になったはずです。

鉢植えのコバエ(キノコバエ)対策はムシクリンで!

以上、ベランダの鉢植えに大量発生したコバエを撃退した話でした。さすが鉢植え用のコバエ対策グッズということで効果はてきめん。鉢植えに発生したコバエを撃退したい方はぜひ利用してみてください。

ベランダ植物カテゴリの最新記事