Dellのモニター(P2217)を購入|使ってみて分かったメリット・デメリットを徹底レビュー

Dellのモニター(P2217)を購入|使ってみて分かったメリット・デメリットを徹底レビュー

家で仕事をする機会が増え、少しでも快適な仕事環境を手に入れようとDellの外部モニター(P2217)を購入しました。結果としては大満足で、パソコン作業がかなり快適に。もはやモニター無しの生活は考えられません。

ということでDell P2217を選んだ理由や、おすすめポイント、そして微妙なところについてもご紹介していきます。モニター選びで悩んでいる方やDell P2217の購入を検討されている方などはぜひ参考にしてみてください。

Dell P2217を選んだ理由

まず初めにDELLのP2217を選んだ理由についてご紹介していきたいと思います。モニターを選ぶ際に重視したポイントは以下です。

  • 机が小さいので最大でも22インチ
  • 画面位置を上下に調節できる
  • ピボットできる
  • 仕事用なのでノングレア
  • ゲームはしないのでハイスペックである必要はない
  • 上記を満たすのであれば、安いほどベター

最近のモニターは24インチ(23.8インチ)以上のモノが多く、そもそも22インチの製品がほとんどない…。この時点でずいぶん絞られました。

まあ、いずれにしても上記のような理由でDELLのP2217が残ったというワケです。

Dell P2217のおすすめポイント

続いては実際に使ってみた上でのおすすめポイントをご紹介していきたいと思います。

上下の位置調整が便利

まずびっくりしたのが上下の調整が想像以上に便利なこと。動きがスムーズなので、「もうちょい上にしよう」「ちょっと下げよう」と気軽に位置を変えられます。

家での作業って机や椅子が事務用品では無いため、モニターの位置って微妙になりがちですよね。上下に調整できるのはかなり便利です。

この機能だけでもDell P2217を選んで良かったなと思います。今後、外部モニターを買いなおすとしたら「上下に調整できる」ものを選ぶはずです。

画面は必要十分にキレイ

「画面は必要十分にキレイ」というのもおすすめポイントです。

モニターについて調べだすと、イロイロな情報が入ってくるもの。「こっちの画質は〇〇で」とか「反応速度が…」などなど。細かなスペックを気にしているといつまでたっても決められません。

仕事用のモニターとしては必要十分にキレイですし、それ以上は追及しない方が華という気がします。

Dell P2217の微妙なところ

続いては使ってみて気付いたDell P2217の微妙なところについてご紹介していきます。

ピボットは思ったよりも使わない…

仕事でPDFの資料を読むことが多く、画面を縦にできるとさぞ便利だろうと思ったのですが、思ったよりも使わない…というのが現実でした。

といのも画面を縦にすると、目線よりもずいぶん高い位置にモニターが来てしまい、姿勢的にちょっとツラいんです。

ピボットが悪いというよりも、私の机には合わなかったという話です。もちろん、画面を縦にすると、縦長の資料はかなり読みやすくなります。ただ姿勢が…。

内蔵スピーカーが欲しかったかも…

Dell P2217にはスピーカーがついていません。モニターに内蔵されているスピーカーなんて音質的に大したことは無いというのも分かりますが、やっぱりあると便利だったかも…と思うシーンもけっこうあります。

モニターにスピーカーがついていないので、音はノートパソコン内蔵スピーカーから再生されます。

ノートパソコンはモニターの右手に設置。必然的に音は全て画面右側から鳴ります。画面と音の位置がずれていると微妙に気になるんですよね…。

まあ動画を見る機会などはほとんど無いので許容範囲ではありますが、動画をけっこう見る方などは、外付けのスピーカーも用意した方が良さそうです。

Dell P2217で作業効率UP!

以上、Dell P2217のレビューでした。価格も控えめで、それなりにキレイというモニターをお探しであれば、かなりおすすめ。特に画面の位置を上下に動かせるのはかなり便利です。

もちろん微妙だなと思う部分もあるのですが、それを踏まえても、コスパに優れた製品だと思います。外部モニターが欲しいという方はぜひチェックしてみてください。

外部モニターがあると無いとじゃ大違い。パソコン作業の効率がアップすること間違いなしです。

パソコン関連カテゴリの最新記事