気象予報士を独学で取得したときの話|おすすめ参考書や勉強時間・期間をご紹介

気象予報士を独学で取得したときの話|おすすめ参考書や勉強時間・期間をご紹介

気象予報士を目指したいけどお金もそんなにかけられないし…独学でも合格できるの…?なんて事をお考えの皆様に向け、現役気象予報士が独学で合格したときの話をご紹介します。おすすめのテキスト・参考書、チェックしておきたいHPなどの情報もありますよ。

気象予報士は独学で合格できる?

気象予報士は独学で合格できるのか?その答えは「可能」です。ソースは自分の経験。通信講座などに頼ることはなく、独学にて合格しました。

気象予報士の勉強に使ったおすすめの参考書・テキスト3選

私が気象予報士の勉強に使った、おすすめの参考書・テキスト3冊についてご紹介していきます。

気象予報士のバイブル:一般気象学

まずおすすめしたいのは「一般気象学(小倉義光)」です。気象予報士であればほぼすべての人が持っているであろうバイブル的存在。気象学に関する基礎知識はこの本で学びました。

この本をある程度理解できているか否かが、気象予報士試験合格のための基礎知識を持っているかどうかの分かれ道な気がします。

なのですが、一般気象学の内容はけっこうハード。なにせ理系大学の授業で使われることもあるテキストですから、気象学になじみがないままいきなりこの本を読むとつまづく可能性が大です。特に文系で数式が苦手な人にはかなり読みにくいはず。

とっかかりとしては「気象予報士かんたん合格テキスト」といったより読みやすいテキストから始めてみるのもおすすめです。

豊富な図がうれしい:気象予報のための天気図のみかた

気象予報士試験では専門天気図を読み取る能力が求められます。なのですが、いきなり専門天気図を眺めても「何がどう書かれているのかワカラナイ…」となるもの。

そこで役立ったのが「気象予報のための天気図のみかた」です。マニアな専門天気図についてポイントや読み取るべき情報についてしっかりと解説しています。

試験対策はオフィシャルで:気象予報士試験 模範解答と解説

ある程度の知識が身に着いたら、とにかく問題を解いて、気象予報士試験に慣れることが重要です。そこで解くべきはやっぱりオフィシャルな過去問。「気象予報士試験 模範解答と解説」をおすすめします。

テキストによっては模擬試験がついていることもありますが、模擬と本物は違います。少なくとも数年分の「気象予報士試験 模範解答と解説」を手に入れて、しっかりと解いていきましょう。そして解答・解説を熟読。それはあなたの力になってくれます。

インターネット上で見られるおすすめ資料

テキストや参考書で勉強するのは当然として、電車の移動中などちょっとした隙間時間も勉強に充てたいもの。そんな時にはスマホでインターネット上の資料をチェックするのがおすすめです。

気象庁HP

気象予報士を目指すのであれば、気象庁のHPは隅から隅までチェックするくらいの気持ちが必要です。学科試験(予報業務に関する専門知識)に必要な知識は気象庁HPに詰まっていると言っても過言ではありません。

例えば気象庁のFAQを見てみますと、アメダスに関して詳細な解説がなされています。

気象庁FAQ:観測機器について

本家本元による詳細な解説ですから、読み応えは抜群。かなりマニアックな内容ですが、これを「面白い」と思えないと、気象予報士合格へのモチベーションは保てないかもです。

HBC北海道放送 専門天気図

専門天気図を読みこなし、そこから天気の移り変わりを予測するというのは気象予報士に必須の能力です。そのためには日常的に専門天気図に触れておくことが欠かせません。

専門天気図を見せてくれるHPはいくつかあるのですが、HBC北海道放送は昔から専門天気図を積極的に扱っているありがたいHPの一つです。

HBC北海道放送 専門天気図

日常的にチェックしておきたいページですが、特にやたらと発達しそうな温帯低気圧であったり、東京に雪を降らせる南岸低気圧など、ちょっと珍しい気象現象が起きそうな時には要チェック。自分なりの予報をしてみてください。

デジタル台風:台風画像と台風情報

台風という名前が付いていますが、このHPの魅力は台風だけではありません。とにかく高解像度の衛星画像がチェックできるんです。

デジタル台風:台風画像と台風情報

衛星画像を見ながら「あれっコレってカルマン渦じゃない?」なんて事を言えるようになれば気象予報士合格はすぐそこまで近づいているはずです。

1978年以降であれば、過去の衛星画像が見られるというの魅力のひとつ。自分が生まれた日の衛星画像は必見です。

気象予報士試験の勉強時間・期間ってどれくらい?

今となってはどれくらいの時間・期間で勉強していたのか覚えていませんが、受験を思い立ってから合格するまでの期間は約2年でした(2回落ちた…)。

電車の中で一般気象学を読むなど基本的に勉強はちょっとづつ続けて、試験前にはけっこうガッツリと時間を使いました。週末は時間を測って過去問を解いて、その解説をしっかりと読んで1日が終わるといった感じでしたね。

時々はモチベーションが保てなくなり、1ヶ月ほどなんの勉強もしていない…なんて時期もありました。

気象予報士は文系でも合格可能?

私自身は理系なので何とも言えないのですが、気象予報士試験だけに関して言えば、文系・理系は関係ない気がします。というのも、高度な数学など理系でなくては解けない問題は出題されないからです。時々小学生で合格する人がいますが、小学生でも合格可能なのは数学を知らなくても解ける問題だからです。

とはいえ、気象学の本質を理解するために理系的な理解力や知識があった方が有利というのは間違いありません。

気象予報士試験は独学でも合格可能!

以上、独学で気象予報士試験に合格したときの話でした。おすすめのテキスト・参考書、そしてチェックしておきたいHPなど、ぜひ参考にしてみてください。

気象予報士試験はそれなりに高いハードル。日々のコツコツした勉強こそが、合格への近道です。

気象予報士を目指している方は以下のブログもチェックしてみてください。気象予報士と就職活動について書いています。

気象予報士関連カテゴリの最新記事